キャンパスライフ

ミンダナオ国際大学からの留学生2名と英語でコミュニケーション

2017.11.1

10月19日(木)~11月5日(日)までの約2週間、フィリピンのミンダナオ国際大学から留学生2名が本学に短期留学をしています。

せっかくのこの機会に、学生と教職員を交えて、「英語でコミュニケーションをとってみよう!」という企画をL.E.A.P.Plazaにて行いました。

フィリピンには、「柿」がないようで、志村先生が岐阜県名産の「柿」と長野県の「リンゴ」を持ってきてくださり、試食会も行いました!

フィリピンにはたくさんの言語が存在し、言葉の教育や文化について話をしてくれました。

「柿」を初めて食す留学生

人生初の「柿」に挑戦!
二人とも「オイシイ」と言ってくれました

教員と留学生が会話

フィリピンの言葉の教育について教えてくれました

ページの先頭へ戻る