キャンパスライフ

第26回 中部手話スピーチコンテストを開催しました

11月18日(土)各務原キャンパスにおいて、「第26回中部手話スピーチコンテスト」を開催しました。
このコンテストは、聴者と聴覚障がい者の共生が実現できる社会を目指し、手話の普及と聴覚障がい者福祉の推進を図ることを目的として本学が主催となり毎年開催しています。

本年度よりこれまでの「手話スピーチ」に加え、新しい試みとして「手話朗読」が加わりました。
コンテストでは約200名の聴衆を前に、「手話スピーチ部門」に6名、「手話朗読部門」には6団体(個人4名、グループ2団体)が出場しました。
「手話スピーチ部門」、「手話朗読部門」ともに題材は自由で、出場者は自分の思いを様々な工夫を凝らして発表を行いました。

記念講演では、日本ろう者劇団代表の江副悟史さんをお招きし講演していただきました。
「ろう者の情報格差」というテーマで、日常での情報格差や東北大震災の時の状況など、様々な興味深いお話をお聞きすることができました。

コンテスト結果

  氏名 テーマ 学校名
知事特別賞 中齊 亜由未 私の夢 斐太高等学校
優秀賞 飯田 真世 全国高校生手話パフォーマンス
甲子園に出場して
杏和高等学校
優秀賞 赤石沢 真子 『ママがおばけになっちゃった』 桜花学園高等学校
奨励賞 玉木 彩音 言葉で伝える 桜花学園高等学校
奨励賞 佐竹 美柚 『おまえうまそうだな』 桜花学園高等学校
中日賞 村瀨 祐奈 手話を身近な存在に 桜花学園高等学校


「知事特別賞」 中齊 亜由未さん


「優秀賞」 飯田 真世さん


「優秀賞」 赤石 沢真子さん

玉木彩音さん
「奨励賞」 玉木 彩音さん

佐竹美柚さん
「奨励賞」 佐竹 美柚さん

村瀨祐奈さん
「中日賞」 村瀨 祐奈さん

記念写真
全員で記念写真

ページの先頭へ戻る