キャンパスライフ

大学祭を開催しました

10月25日(日)、関キャンパスにて2009年度の大学祭を開催しました。テーマは「人 ~Person~」。展示、ステージ発表、模擬店等を行い、学生たちの笑顔と輝きがキャンパスに溢れました。
オープニングでは、野外に設置したメインステージで大学祭実行委員長の渡邉幸子さんが挨拶。引き続き、和太鼓、ハンドベル、チアダンス、軽音楽等本学のサークルメンバーが日頃の練習の成果を発表し、来場者の大きな拍手を受けていました。
午後からはアーティスト「甲斐 名都(かい なつ)」のライブステージが開幕。学生や卒業生、市民がその熱唱に聴き入り、楽しいひと時を過ごしていました。5時からの後夜祭ではダンスサークルやゲストのライブの華やかなパフォーマンスに魅了され、ステージ近くに集まった多くの学生らも踊りの輪に加わり、学生時代の思い出の一ページを作りました。
なお、ポローニアの庭では岡本健中部学院大学学長が「コーヒーとバームクーヘン」のお店を開き、8号館広場では30近くの学生による模擬店が出店し、大学祭を大いに盛り上げました。

迫力ある和太鼓の演奏を披露!

ハンドベルの演奏の様子

留学生による歌

元気いっぱいチアダンス

甲斐名都さんの歌声に聴き入る観客

岡本学長のお店

社会福祉学科吉川ゼミのじゃがもち

専攻科のにっこりホットドッグ

ブルーリボンによるステージ

後夜祭を終えて

ページの先頭へ戻る