中部学院について

学長挨拶

人間の生活を総合的に見つめ 幅広い職業分野で活躍できる人材を育成。

近年、世界に類を見ない超高齢化時代に突入した日本では、福祉のとらえ方も進化・発展してきました。福祉は人間の生活全般に関わる活動であることから、今日の福祉は、医学・教育といった学問に加え、工学や建築・土木、経済・経営・法律まで含んだ総合学問として考える必要があります。本学は、人間の生活を総合的に見つめ、これからの社会において、次代の福祉社会の創造に取り組み、幅広い職業分野で活躍できる人材を育てます。

中部学院大学 学長

中部学院大学学長 古田善伯

ページの先頭へ戻る