中部学院について

教員紹介(横山 さつき)

氏名 横山 さつき (よこやま さつき)
職名 社会福祉学科 教授
専門分野 介護福祉、産業・地域保健
担当科目 「こころとからだのしくみA」「生活支援技術II」「生活支援技術III」「介護過程III(後期)」「介護の基本D(健康管理)」「医療的ケアA」「医療的ケアB(経管栄養演習)」「医療的ケアC(喀痰吸引演習)」「地域総合演習」「リラクセーション・ケアI」「介護総合演習I・II・III・Ⅳ」
研究テーマ 社会問題化している「介護職員による高齢者虐待を含む不適切ケア防止」を目的とした研究を、「介護職員のストレスマネジメント教育」、「介護職員の倫理教育」を切り口として行っています。また、介護の必要な方の自立支援と介護職員の心身への負担軽減に向け、「介護ロボットを含む介護支援機器を活用した介護技術教育」の内容と方法を追究しています。
自己紹介
(経歴)
愛知県立看護短期大学・三重県立看護短期大学地域看護学専攻・佛教大学社会学部卒業。岐阜大学大学院医学系研究科・中部学院大学人間福祉学研究科修了。保健師・看護師・社会福祉士(看護学修士・社会福祉学博士)
岐阜市中央保健所、倉敷平成病院等で勤務の後、1998年に本学講師となり、現在に至る。
主に医療系の授業を担当していますが、介護領域でのアクティビティケア(介護の必要な方の心身の活性化やリラクセーション)の重要性を感じ、そのアプローチ法として活用できる「アニマルセラピー」と「リフレクソロジー(反射療法)」の授業にも力を入れています。
メッセージ 社会福祉学科では、介護福祉士資格取得に向けての学習に加え、学生さんの興味関心に合わせて履修できる選択科目が用意されています。例えば、「ドッグ・ケアセラピー」と「リラクセーション・ケアマッサージ(リフレクソロジー)」について学ぶ授業があり、中部学院大学短期大学部の認定資格を取得することができます。
2020年4月1日現在で、179名が本学在学中に社会福祉学科開講科目を履修して、232名が本学シティカレッジ講座を受講して「リフレクソロジスト資格」を取得し、介護・医療職場や家庭介護、自身のセルフコントロールに活用しています。また、同じく2020年4月1日現在で、31名が「ドッグ・ケアセラピスト資格」を、27頭が「ケア・セラピードッグ資格」を取得し、介護施設等で笑顔を引き出す活動を行っています。
皆さんも、「介護福祉士資格」」&「各種セラピー資格」を取得し、「介護の必要な方々が生き生きと過ごせるひと時をつくり出すスキル」を身につけませんか!また、自分の仕事や生活を楽しく豊かにしませんか!
備考 web研究室:リラクセーション・ケアマッサージ研究会外部リンク
教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る