中部学院について

教員紹介(瓜巣 敦子)

氏名 瓜巣 敦子(うりす あつこ)
職名 看護学科 講師
専門分野
担当科目 統合看護学演習、統合看護学実習、老年看護学演習、老年看護学実習、老年臨床看護論
研究テーマ ・医療依存の高い、「ひとり暮らし高齢者」の在宅生活のあり方に関する研究 -在宅生活を困難にする要因の検討-
・障がい者施設における看護の役割に関する研究
自己紹介
(経歴)
子供のころから、困っている人を見過ごすことができない性格でした。早い段階で看護師になると心に決めていました。
看護師として、岐阜県内の総合病院(岐阜県総合医療センター)、各務原市の特別養護老人ホーム(飛鳥美谷苑)、岐阜市地域のクリニック勤務を経て、平成22年から看護大学にて看護師養成に携わっています。岐阜医療科学大学勤務を経て、平成27年から中部学院大学に就任しました。
臨床看護師時代から高齢者の患者さんの看護が中心で、突然の病気によって、治ることのない障がいを抱えながら退院される方の、その後の生活がいつも気がかりでした。
そこで福祉の勉強も始め、社会福祉士を取得しました。看護と福祉の双方から人をみつめ、看護を考えていきたいと思っています。
メッセージ 病気や障がいがあっても、その人がその人らしく人生を全うできるよう、暮らしを楽しめるよう、看護のちからを発揮できたらと思います。
看護は人を支えるだけでなく、逆に支えられることも多い仕事で、そこに看護の醍醐味があると感じています。
いつも相手の立場で物事を考えられる、思いやりのある看護師になってほしいです。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る