中部学院について

教員紹介(梅田 裕介)

氏名 梅田 裕介 (うめだ ゆうすけ)
職名 助教
専門分野 幼児教育(環境)、生活科教育、幼小連携。
おもに幼児の自然遊び・科学あそびについて
研究テーマ ・幼児の身近な科学への興味、関心に関する研究
・幼小接続に関する研究
・乳幼児期の人間関係の発達に関する研究
自己紹介
(経歴)
大学院進学後、やはり現場の教育を見てみたい!という思いから、中学校教員や通信制高等学校教員、そして、幼稚園教員をしてきました。
現場での経験や、それぞれの場所での子どもの姿から、今自分が何を研究したいのかが明確になり、また、自分の役目とは何かが少しですが分かったような気がします。
こうした経験を経て大学院に戻り、充実した研究生活を送り、縁あって本学でお世話になることになりました。
メッセージ 幼稚園や保育所は、子どもが“初めて”多くの人とかかわり、多くの遊びを経験するなかで、人間として豊かに生きていく上の『根っこ』となる大切な時期です。幼児期に、子どもが誰と出逢い、何を経験するかが大切だと思っています。
私も、多くの出逢いと素敵な縁、そして、様々な経験に支えられ、今があります。みなさんも、純粋で素敵な子どもたちと出逢ってみませんか??
一緒に頑張りましょう!
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る