中部学院について

教員紹介(鵜飼 建志)

氏名 鵜飼 建志 (うかい たけし)
職名 理学療法学科 准教授
専門分野
担当科目 理学療法基礎演習、運動学、筋力トレーニング論、スポーツ障害系理学療法学、スポーツ障害系理学療法学実習、スポーツ障害系理学療法評価学、総合臨床実習、理学療法研究、理学療法特講、臨床運動学、臨床実習指導、臨床評価実習
研究テーマ 投球障害、スポーツ動作と障害の関係
自己紹介
(経歴)
国立療養所東名古屋病院付属リハビリテーション学科卒
名城大学法学部II部法学科卒
理学療法士
法学士
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
日本理学療法士協会認定専門理学療法士(骨・関節系)
整形外科リハビリテーション学会理事
岐阜アスレティックリハビリテーション研究会副会長
元 中日ドラゴンズメディカルコーチ

日本で2番目にプロ野球界に入団した理学療法士です。
ボクシングの元世界チャンピオン・飯田覚士選手のトレーニングやコンディショニングにも関わったことがあります。
メッセージ オリンピックやワールドカップなど、スポーツは多くの人を「感動」させる魅力があります。
スポーツ障害領域の理学療法士は、スポーツ選手のコンディショニングやリハビリテーションに携わることでその「感動」を手助けすることができ、自らも間近で感動を体験することができます。
ただ、そのためには確かな知識と技術が必要です。
道は険しいですが、選手に負けないだけの地道な努力をする学生を待っています。
備考 web研究室:鵜飼建志研究室外部リンク
個人サイト:CAST外部リンク
教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る