中部学院について

教員紹介(高野 晃伸)

氏名 高野 晃伸(たかの あきのぶ)
職名 社会福祉学科 准教授
専門分野 介護福祉学
担当科目 生活支援技術I、介護過程I、II、III、認知症の理解B(生活支援と制度)、介護総合演習I、II、III、IV、地域総合演習、災害介護
介護福祉士国家試験対策講座
研究テーマ ・3Dプリンタ等デジタル工作技術を介護の質向上に活かす研究
・介護福祉教育における介護支援機器について教育方法
・災害介護教育プログラムについての研究
・外国人介護労働者受入れについての研究
自己紹介
(経歴)
松本短期大学介護福祉学科を卒業し、特別養護老人ホームに介護職として勤務。その後、佛教大学社会福学部卒業。日本福祉大学大学院社会福祉学研究科福祉マネジメント専攻修士課程修了し、ケアハウスや単独型短期入所生活介護施設などで、介護福祉職・生活相談員・介護支援専門員・施設長などを歴任しています。教員としては、松本短期大学介護福祉学科にて非常勤助手を経へ現在に至ります。
養成校で介護福祉士を取得してから、現場から研究、教育に至るまで介護福祉にこだわって今を迎えています。介護福祉に対して愛着を持って仕事に取り組んでいます。
メッセージ これまでの介護福祉士として現場や養成校に携わり、介護福祉士を生活の糧として生きてきました。そのため、この仕事の難しさや課題と共に、魅力や遣り甲斐、そして大切さを強く感じています。この気持ちを多くの方々に伝えることで、介護福祉業界が発展していけばと願っています。
介護福祉士は生活を支援する専門職として、その可能性は大きく、まだまだ発展途上の業界です。勉強しなければいけないことが沢山あり、また学生の皆さんにも伝えたいことが沢山あります。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る