中部学院について

教員紹介(柴田 純一)

氏名 柴田 純一(しばた じゅんいち)
職名 人間福祉学科長
通信教育部副部長
人間福祉学科 教授
専門分野
担当科目 社会福祉援助技術演習、社会福祉実習指導、人間福祉基礎演習、公的扶助論、社会福祉士国試対策講座、社会福祉実習、人間福祉専門演習
研究テーマ 社会福祉学の分野で原理・歴史研究を行っています。
現在は、生活保護制度創設以来使われてきたケースワークという用語の多義性を歴史的に検証する中で、保護の決定実施と要保護者支援の在り方をテーマとして研究しています。
自己紹介
(経歴)
地方公務員として福祉事務所、介護保険課等に勤務していた時代に公的扶助の分野を中心に研究会を主催するとともに、生活保護制度やケースワーク(保護の適用)業務について著書を出版しました。
社会福祉士会の理事を勤めていた時には、ホームレス支援事業を担当するほか、生活保護制度研究・滞日外国人支援会等の各委員長職を努めました(早稲田大学社会科学部卒業、東洋大学社会学研究科修士課程終了)。
学外では、福祉行政及び社会福祉士による援助に関する専門家として行政機関等に協力しています。日本社会福祉士会会員。
所属学会:日本社会福祉学会、日本社会事業史学会、日本社会保障法学会。
メッセージ 現場の好きな元ケースワーカーです。
役所では、福祉から土木の分野にいたるまで直接住民に接する行政の仕事をしました。
所属(担当)が変わる度に、いつも新たな分野で一から学び始め、自分の「賞味期限」が切れないようにしていました。
学ぶということは、スポーツのようなものじゃないかと思っています。
初めてのスポーツをするとき、誰でもいきなりプレーができることはないでしょう。
でも少しずつ体力をつけて目的に合わせて練習をつめば、確かにできる自分を作れるからです。
学生諸君には、社会で活躍できるように、自分にあった学びの「種目」を見つけてほしいと思います。ともにがんばりましょう。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る