中部学院について

教員紹介(大法 啓子)

氏名 大法 啓子(おおのり けいこ)
職名 教授
専門分野 母性看護学
担当科目 母性看護学概論
母性臨床看護I
母性臨床看護II
母性看護演習
母性看護学実習
研究テーマ 母乳育児支援
性教育
母性看護学・助産学の教育方法
看護管理(マネジメント)
自己紹介
(経歴)
岐阜県立岐阜病院(現岐阜県総合医療センター)助産師として勤務
岐阜県立衛生専門学校に異動:看護学科・助産学科専任教員
岐阜県総合医療センターに異動:産婦人科病棟師長
岐阜県立看護大学に異動 機能看護学講座 教授
岐阜県総合医療センターに異動:看護指導監
岐阜県 健康福祉部医療整備課に異動:看護企画監
岐阜県立衛生専門学校に異動:校長
岐阜大学医学部看護学科 母性看護・助産学教授
メッセージ 助産師としての勤務経験を活かして、生命の大切さや、自分の心と体を大切にすること・相手を大切にすることを伝えていきたい。
看護教育の経験から得た「後輩育成の役割・使命」について、看護学生教育を通して他の教員とともにその役割を果たしていきたい。
備考

ページの先頭へ戻る