中部学院について

教員紹介(大橋 明)

氏名 大橋 明(おおはし あきら)
職名 大学院人間福祉学研究科 准教授
人間福祉学科 准教授
専門分野 心理学
老年学
研究テーマ “希望”と“あきらめ”の心理
高齢者の心理全般
福祉専門職の精神的健康
語りを通して現れる人生とその分析法
自己紹介
(経歴)
岐阜市で生まれました。
岐阜大学教育学部(心理学専攻)を卒業後、大阪大学大学院人間科学研究科(臨床老年行動学・臨床死生学研究分野)に進学し、2002年に博士(人間科学)を取得しました。
2003年度より本学に勤務しています。大学時代より高齢者の心理に関心を持ち、大学院在学中も高齢者を対象とした研究を続けてきました。
所属学会は、日本心理学会、日本心理臨床学会、日本教育心理学会、日本老年社会科学会、日本老年行動科学会、The Gerontological Society of Americaなどです。
認定臨床心理士(7742号)
メッセージ 大学は自分の知りたいことを自由に追究できる場所です。
ひとつのことを明らかにするには困難が伴うかもしれません。
しかし、わからないことが理解できた時はなんとも言えない喜びや誇りを感じますよね。
本学でその思いを皆さんに体験してもらえたら、教員としてこんなに嬉しいことはありません。
皆さんが一歩ずつゆっくり、迷いながらも、自分の道を見つけ創っていく・・・そのお手伝いができたらと思っています。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る