中部学院について

教員紹介(小椋 優作)

氏名 小椋 優作 (おぐら ゆうさく)
職名 幼児教育学科 講師
担当科目 発育発達学
子ども発達学
研究テーマ 発育・発達の中でも、主に子どもの体力・運動能力に関わる事柄について研究を続けている。下記は今まで実施してきた研究テーマであり、多くの研究者仲間と共同で行っている。
・言葉の量的特性と体力・運動能力との関連
・幼児期から児童期における身長および体力・運動能力の縦断的分析
・子どもの運動遊び指導とその効果検証
自己紹介
(経歴)
岐阜大学大学院教育学研究科修了後、岐阜県立小学校教員となる。大学院在学中には、中学校の非常勤講師や幼稚園の運動遊び指導に携わり、その後小学校の専任教諭を経て、現在に至る。
運動・体育で、子どもたちのより良い発達を助長できるように、子どもたちやその保護者に運動指導・講演会を行ったり、子どもの発育発達の研究を続けたりしている。
【所属学会】日本体育学会、日本教育医学会
メッセージ 教育や保育に正解はないかもしれません。しかし、こども時代は本当にかけがえのない時間です。そのかけがえのない時間に『どのような教育・保育を施すとよいのか』、『どのような経験ができると子どもはより健全に成長していくのか』といった、子どもに対する教育や保育について追究することは非常に重要だと考えています。
また、子ども時代の身体活動は、身体的、精神的、社会性、そして認知機能にも、よい影響を与えることが科学的にわかってきています。
だからこそ、子どもたちと一緒に身体を動かしながら、よりよい保育・教育とは何なのか、中部学院大学短期大学部で一緒に追究していきませんか?
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る