中部学院について

教員紹介(村田 泰弘)

氏名 村田 泰弘(むらた やすひろ)
職名 幼児教育学科 准教授
専門分野 社会福祉 特別支援教育
担当科目 子ども家庭福祉、社会的養護I、社会的養護II、児童館の機能と運営、児童館の活動内容と指導法、保育実習IB(施設)事前・事後指導、保育実習IB(施設)、保育実習III(施設・児童館)事前・事後指導、保育実習III(施設・児童館)、保育・教職実践演習(幼稚園)、専門ゼミナール(障がい児保育コース)
研究テーマ 障がいのある人々の生活環境の改善に関する研究
自己紹介
(経歴)
佛教大学教育学部社会教育学科を卒業後、福井県立特別支援学校講師、福井県立特別支援学校寄宿舎非常勤寄宿舎指導員を経て、福祉型障がい児入所施設児童指導員となる。在職中に、吉備国際大学大学院(通信制)社会福祉学研究科社会福祉学専攻修士課程に入学・修了する。退職後は、東海医療福祉専門学校社会福祉科昼間課程に入学し、修了年度に社会福祉士国家試験に合格する。その後、上越教育大学大学院学校教育研究科特別支援教育専攻修士課程に入学・修了し、障がい者支援施設生活支援員となる。退職後、岐阜県立特別支援学校講師を経て、日本福祉大学社会福祉実習教育研究センター実習教育講師となる。退職後、富山福祉短期大学社会福祉学科社会福祉専攻助教となり、在職中に芦屋大学大学院教育学研究科博士後期課程に入学・中退する。退職後、東九州短期大学幼児教育学科准教授となり、在職中に博士(教育学・芦屋大学)を取得し、現在に至る。
障がいのある人々が、人間らしく安心して生活できるように、日々関心を持ち続けている。
【所属学会】日本発達障害学会、日本自閉症スペクトラム学会、日本福祉心理学会
メッセージ 他人と比べることを卒業し、自分の強みを見つけること、その強みに磨きをかけ続けることを大切にしていたら、見える世界が変わっていた。自分磨きを続けた二年後の世界を、皆さんにも是非見てほしい。
社会福祉に関しての疑問・質問はいつでも受け付けます。分からないことがあったら、聞いてみてください。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る