中部学院について

教員紹介(小木曽 友則)

氏名 小木曽 友則(こぎそ とものり)
職名 幼児教育学科 助教
専門分野 保育学、教育学
担当科目 保育内容(言葉)、保育内容(環境)、保育内容(人間関係)、幼児と言葉,幼児と人間関係、教育方法論、専門ゼミナール、保育教職実践演習、保育実習I、保育実習II
研究テーマ エピソード記録をもとにした保育のプロセスの質向上の研究
自己紹介
(経歴)
中部学院大学短期大学部幼児教育学科を卒業後、岐阜県内の私立保育園,公立幼児園で保育者として働く。
保育者として14年間勤務し、玉川大学教育学部教育学科を卒業、岐阜大学大学院教育学研究科総合教科教育専攻に在籍中。
エピソード記録をもとに、保育の面白さ、保育の本質とは何かという問いに迫る研究をしている。

【所属学会】日本保育学会、乳幼児教育学会
メッセージ 子どもの頃の出来事は、大きくなるにつれて少しずつ忘れていきます。家族、そして自分自身も忘れてしまった幼児期を、まるで昨日の出来事のように瑞々しく語ってくれる保育者の存在は、これまでの人生を肯定されたような安心感を与えてくれます。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る