中部学院について

教員紹介(木挽 秀夫)

氏名 木挽 秀夫(こびき ひでお)
職名 看護学科 講師
専門分野
担当科目 看護学基礎演習
精神看護学演習
精神看護学実習
精神看護学概論
看護学専門演習
研究テーマ 精神看護における看護技術の明確化
・治療的コミュニケーション,精神看護に求められる技術
精神科リカバリーにおける看護の役割
・精神疾患から精神障害への移行時期と社会復帰、看護介入
自己紹介
(経歴)
臨床でアルコール依存症を中心に看護を行っているときに患者さんの一言が今の自分の原動力となっています。(詳細は講義で話します)
看護師は患者さんの命を預かるとよく言いますが、精神看護においては患者さんの人生に携わっているということを強く感じています。
どこの病院でどんな看護師に出会っても医療費に大差はありません。
出会った看護師の差がその人の人生に影響を及ぼす、こんな不幸はないと強く感じ教育の道に足を踏み入れました。
今までは主に専門学校での教育が中心でしたが、中部学院大学で教育活動に取り組むことになりました。
メッセージ 精神疾患というと、つかみどころのない、わからない、怖いなどネガティブなイメージが先行しがちですが、精神と身体は一体になって初めて“人間”となっているのだと思います。
健康な精神の維持や、健康を取り戻すための援助は看護に求められるものだと思います。
“専門職としての精神看護”を一緒に学んでいきたいと思います。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る