中部学院について

教員紹介(井村 保)

氏名 井村 保(いむら たもつ)
職名 理学療法学科 教授
担当科目 理学療法基礎演習、情報活用論、生活環境論、生活支援工学、図書館情報技術論、福祉機器入門、理学療法特講
研究テーマ 重度障害者におけるコミュニケーション(意思伝達)の支援技術(Assistive Technology)と福祉用具の公的給付制度
自己紹介
(経歴)
福祉と工学の学際領域に関心を持ち、障害者・高齢者に情報技術を活用した「支援技術」(Assistive Technology)によるコミュニケーション支援等を行うリハビリテーションエンジニア。最近ではALS等の難病患者のコミュニケーション支援の在り方に関心を持ち、「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドインの策定にあたるほか、厚生労働省の補装具評価検討会委員、日本リハビリテーション工学協会監事(元・理事)、日本難病医療ネットワーク学会評議員に就く。
メッセージ 医療が病気や怪我を治すのなら、リハビリテーションは回復を助けること。医学的に治らないとき、福祉の視点では良き援助者になることも大切ですが、その前に道具(技術)で助けること・できることを増やすこともエンジニアとしての仕事の1つであります。
※詳しいプロフィールや専門領域は、下記連絡先のホームページをご覧下さい。
備考 個人サイト:いむらぼ外部リンク
教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る