中部学院について

教員紹介(今井 七重)

氏名 今井 七重(いまい ななえ)
職名 看護学科 教授
専門分野 小児看護学
小児保健
病児保育
研究テーマ 1.地域子ども・子育て支援事業の病児保育に関する研究
2.子どもの病気とその家族への看護に関する研究
3.少子高齢社会における世代間交流に関する研究
自己紹介
(経歴)
出身は、ふなっしーで一躍、知名度がアップした千葉県船橋市です。
筑波大学医療技術短期学部の看護学生時に東京ディズニーランドができ、大学の定期試験や長い看護実習が終了したら、必ず東京ディズニーランドに行って、自分へのご褒美あるいは課題克服への力を蓄えていました。
卒後、筑波大学・岐阜大学付属病院にて10年間、病児保育園(管理者・看護師長)にて6年間、臨床看護師をしました。
教育経験は、看護師養成の専門学校・短期大学・大学において17年目になります。
臨床・教育に携わる中で岐阜大学大学院医学系研究科看護学修了しました。
臨床での経験から専門領域は小児看護です。
メッセージ ひとつを成し遂げたことへの自分へのご褒美は現在でも続いていて、妊娠・出産や大学院を修了したとき等には東京ディズニーランド・シーに行っています。
今、思うと学生の時からの「小さな成功体験=ディズニーランド」が自分の中で定着していて、無意識のうちに自分を成長させていたのかもしれません。
以前に気分がすごく落ち込んでいる時に東京ディズニーランドに行ったら、何故か元気が出てきて、ポジティブな考えも浮かんできました。
みなさんも、小さな課題をクリアした自分へご褒美をしてみませんか。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る