中部学院について

教員紹介(林 典雄)

氏名 林 典雄(はやし のりお)
職名 理学療法学科 教授
研究テーマ 骨関節機能障害については、スポーツも含め、すべてが研究テーマ。特に関節機能解剖学に基づく運動療法の展開がメインテーマとなっています。最近はランニング障害に対する足底挿板療法ならびにその開発に関わっています。
自己紹介
(経歴)
理学療法士になって20年以上経過し、そのほとんどを骨関節機能障害に関する治療、研究、教育に傾けていました。2006年出版した「運動療法のための機能解剖学的触診技術(上肢編・下肢編)」ともベストセラーとなっています。現在は、月に2回のペースで、機能解剖学的触診技術を基礎とした治療技術の講演で、全国を飛び回っています。本物の技術をぜひ学んでください。
メッセージ この大学で学んだ学生には、様々な分野で一流と言われる理学療法士に成長していってほしいと思います。そのために最も必要なのは、熱いハートと継続する力です。強いハートを持った若者を心から待っています!
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る