中部学院について

教員紹介(早川 潤一)

氏名 早川 潤一(はやかわ じゅんいち)
職名 人間福祉学科 准教授
専門分野
担当科目 人間福祉基礎演習、介護の基本、高齢者と住まい、情報活用論、情報活用論、人間工学と福祉機器、人間福祉専門演習、福祉住環境論
研究テーマ 健康・福祉の視点からみた住宅・居住環境の研究及び国際比較
自己紹介
(経歴)
大学卒業後、住宅メーカーに勤務した後、北欧の住宅福祉と建築環境を学ぶために、当初はフィンランド、そしてスウェーデンの国立建築研究所に計3年ほど留学しました。
スウェーデンでは人口10万人ほどの小さな町に住みましたが、福祉と文化の豊かな都市でした。
趣味のテニス、クロスカントリー、ヨット、コンサート鑑賞などもたんのうできました。
メッセージ 10年前にスウェーデンで生活したことが、福祉社会との本格的な出会いでした。
例えば、滞在した研究所の建物はバリアフリー、スタッフには女性が半数いて、身体障害者、知的障害者の方も働いておられました。
街中のショップやレストランでも同様の光景が見られ、ユニバーサルデザインを目指した社会・街・住居づくりが既に行われていました。
日本でも共生の社会を実現できればと思っています。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る