中部学院について

教員紹介(後藤 裕子)

氏名 後藤 裕子(ごとう ゆうこ)
職名 社会福祉学科 准教授
専門分野 介護福祉教育 社会福祉 生涯学習
担当科目 介護学習の基礎I、社会福祉の基礎、介護福祉論、介護過程、基礎ゼミナール、地域総合演習、介護の基本、介護福祉士国家試験対策講座
研究テーマ 介護福祉教育に関すること
高齢者の生涯学習
自己紹介
(経歴)
日本福祉大学社会福祉学部卒業
Malangssentretフォルケホイスコーレ卒業
福岡県立大学人間社会学研究科修士課程修了

大学で社会福祉を学んでいる時に、他者との対話を通して生きる意味を考えるという北欧の成人教育機関であるフォルケホイスコーレに関心を持ち、大学卒業後ノルウェーに留学しました。オーロラの見える豊かな自然の中で寮生活をしながら野山を歩き回る1年間過ごしました。帰国した後、総合病院で医療ソーシャルワーカーとしての相談業務を行うとともに、介護支援専門員として支援が必要な高齢者の方々ケアプランを立てる仕事もしていました。
高齢者の方々との出会いの中で、どのような場所にいてどのような状態であっても豊かに生きることを学びたいと思うようになり大学院に進学しました。現在は介護福祉教育に携わり、学生さんの学びを通して介護福祉職の素晴らしさと可能性を改めて学んでいます。
メッセージ 福祉の現場での勤務を通して、介護職の方々の専門性と接し方によって支援が必要な方々やご家族の生活がより良いものになること、またその逆もあり得ることを感じてきました。介護職、福祉職を目指すみなさんが目指す専門職になれるよう、また、目の前の利用者さんが心地よく生活できる環境を提供できるような専門職に近づけるよう一緒に考えながら学んでいきたいと思っています。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る