中部学院について

教員紹介(海老 諭香)

氏名 海老 諭香(えび ゆか)
職名 社会福祉学科 講師
専門分野 介護福祉 高齢者福祉
担当科目 介護過程II、介護の基本C(リスクマネジメント)、介護基礎実習、介護過程実習、介護総合実習、介護総合演習、基礎ゼミナール、人のからだとこころの基礎、人を支える援助技術の基礎、美体験海外研修I・II、職業体験指導
研究テーマ 高齢者の転倒予防について
行動調整と言語の関係について
介護支援機器の使用とリスクマネジメント
自己紹介
(経歴)
中部女子短期大学(現中部学院大学短期大学部)幼児教育学科卒業、同短期大学専攻科修了。日本福祉大学福祉経営学部卒業、中部学院大学大学院人間福祉学研究科修士課程修了。
日本心理学会、日本介護福祉学会、日本介護福祉教育学会、人間福祉学会、日本ヒューマンヘルスケア学会 所属
専攻科修了後、岐阜県内の特別養護老人ホームで介護職として勤務する。その後、中部学院大学職員として実習教育やキャリア支援において学生支援に携わった後、短期大学部の教員に。現在は社会福祉学科に所属し、介護福祉士養成とともに、美・デザインコース医療事務コースの学生と日々過ごしています。
メッセージ あなたにとって幸せとは何でしょうか?みなさんに問いかけると、様々な答えが返ってきます。それだけ、人によって捉え方が異なったり、多様であると思います。
介護福祉コースでは、高齢者の方や障害がある方が、自分らしく、心豊かに生きられるような支援について考えます。美・デザインコースや医療事務コースでは、人がより豊かに、幸福感を感じられるような方法を学びます。誰かが美しくなると嬉しい、誰かが笑顔になると嬉しい、そして誰かを輝かせる自分自身も輝ける、そんな瞬間を一緒に感じてみませんか?
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る