中部学院について

沿革

学校法人岐阜済美学院の沿革

1918年9月 創立者片桐竜子 岐阜裁縫女学校の設置認可
1925年2月 高等女学校令により岐阜実科高等女学校の設置認可
1940年4月 岐阜実科高等女学校を本科に組織変更し校名を片桐高等女学校と改称
1942年10月 片桐高等女学校を岐阜済美高等女学校と改称
1944年3月 財団法人岐阜済美学園設置認可
1948年4月 学制改革により岐阜済美高等女学校を新制高等女学校に切替え済美女子高等学校(普通科・家庭科・別科)と改称
1949年1月 済美幼稚園を設置
1951年3月 学校法人岐阜済美学院の設置認可
1956年3月 済美女子高等学校の別科を廃止
1957年4月 済美女子高等学校に保育科を設置し家庭科を被服科と改称
1961年4月 済美女子高等学校に商業科を設置
1964年2月 岐阜幼稚園教員養成所の設置認可
1966年3月 済美女子高等学校の被服科を廃止
1966年4月 済美女子高等学校に衛生看護科を設置
1967年1月 岐阜済美学院短期大学(英文科・幼児教育科)の設置認可
1968年2月 岐阜済美学院短期大学に幼児教育科第三部を設置
1970年4月 岐阜済美学院短期大学を中部女子短期大学と改称
1972年4月 中部女子短期大学の英文科を英文学科、幼児教育科第一部を幼児教育学科第一部、幼児教育科第三部を幼児教育学科第三部に改称
1973年4月 中部女子短期大学に初等教育学科を設置
1973年4月 中部女子短期大学附属幼稚園を設置
1979年4月 岐阜幼稚園教員養成所を岐阜保育専門学校と改称
1980年4月 中部女子短期大学附属桐が丘幼稚園を設置
1983年4月 中部女子短期大学に商学科を設置
1984年12月 中部女子短期大学幼児教育科第三部を廃止
1988年3月 岐阜保育専門学校の廃止認可
1989年4月 済美幼稚園の廃止認可
1989年4月 中部女子短期大学に専攻科(福祉専攻)を設置
1994年4月 中部女子短期大学社会福祉学科を設置
済美女子高等学校の保育科を保育教養科に改称
1997年4月 中部学院大学(人間福祉学部・人間福祉学科)開設
1997年4月 中部女子短期大学英文学科及び初等教育学科の募集を停止
1999年3月 中部女子短期大学英文学科及び初等教育学科を廃止
1999年4月 中部女子短期大学の商学科を経営学科に、中部女子短期大学を中部学院大学短期大学部に、中部女子短期大学附属幼稚園を中部学院大学短期大学部附属幼稚園に、中部女子短期大学附属桐が丘幼稚園を中部学院大学短期大学部附属桐が丘幼稚園に改称
2001年4月 中部学院大学大学院(人間福祉学研究科)を開設
2001年4月 中部学院大学人間福祉学部健康福祉学科を設置
2003年4月 中部学院大学大学院人間福祉学研究科博士課程(後期)を設置
中部学院大学人間福祉学部人間福祉学科通信教育課程を開設
済美女子高等学校の商業科をビジネス教養科に改称
2004年4月 済美女子高等学校を済美高等学校に改称
従来の学科を女子部とし、男女共学部単位制普通科を設置
2006年4月 各務原キャンパスを開設し、中部学院大学人間福祉学部子ども福祉学科と中部学院大学短期大学部経営情報学科を設置
2007年4月 中部学院大学子ども学部子ども学科とリハビリテーション学部理学療法学科を設置
2008年4月 中部学院大学経営学部経営学科を設置
2009年7月 附属幼稚園・附属桐が丘幼稚園をそれぞれ中部学院大学・中部学院大学短期大学部の附属と改称
2010年2月 中部学院大学短期大学部経営情報学科を廃止
2011年6月 中部学院大学人間福祉学部子ども福祉学科を廃止
2014年4月 中部学院大学リハビリテーション学部を看護リハビリテーション学部に改称
中部学院大学看護リハビリテーション学部看護学科を設置
2015年4月 中部学院大学子ども学部子ども学科を教育学部子ども教育学科に改称
2017年4月 中部学院大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科を設置

ページの先頭へ戻る