中部学院について

アドミッションポリシー等

中部学院大学短期大学部は、建学の精神を「神を畏れることは知識のはじめである」としています。「神を畏れる」とは、神を敬うということ、そして神が創造された人(自分と他者)を愛し、自然を大切にするということです。そのことを理解することから、平和と自由をもたらす真の知識が拓かれると考えます。

この建学の精神と志望する学科・専攻科の教育目標や特色を理解しつつ、未来に向かって積極的に学ぶ学生、傾聴し対話しようと努力する学生、地域と人類の福祉(human well-bing)に貢献することを望む学生を、本学は求めます。

その他

ページの先頭へ戻る