リハビリテーション学部

先生・卒業生の声

先生の声

三上 章允(リハビリテーション学部理学療法学科教授)

患者さんの問題を総合的にとらえ、治療に活かすために。

理学療法士は治療中の病気に直接関係のない患者さんの抱える問題に接する機会があります。病気の背景には患者さんが抱える個人、家族、社会など様々なレベルの問題があり、それらを総合的に捉えることがより良き医療につながります。

  • 担当科目:神経内科系医療学、理学療法基礎演習など

三上先生

山﨑 節子(リハビリテーション学部理学療法学科教授)

理学療法学部のすべての学びの「土台」づくり。

理学療法を学ぶみなさんは、自立心・向学心・創造力をもって勉学に取り組んでください。担当する「リハビリテーション概論」は、理学療法の「土台」になる学問。知識だけでなく、知恵を働かす事が出来る理学療法士になれるよう学びましょう。

  • 担当科目:リハビリテーション概論、地域チームリハビリテーション学、など

山﨑先生

大嶽 昇弘(リハビリテーション学部理学療法学科教授)

マニュアルセラピーの手技と評価方法をどちらも学んでほしい。

私の専門である「マニュアルセラピー」とは、機械などを使わないで行う理学療法の技術の一つ。患者さんの状態を見て多くの療法と組み合わせる必要があるため、私の授業では技術とともに確実な評価技術も学びます。将来に向け、マニュアルセラピーの正しい技術を習得してください。

  • 担当科目:理学療法概論、日常生活活動学、マニュアルセラピーなど

大嶽先生

正村 静子(リハビリテーション学部理学療法学科教授)

好きなものを見つけ、なぜ好きなのかを考える。

私の担当は「解剖学」。人体の基本的な成り立ちを解明するために、骨格標本のスケッチや骨のモデル作製などを行います。研究テーマは、解剖学の中でも「骨の形態学」。骨粗しょう症の動物の骨を調べて、骨の病気の原因を解明したいと思っています。

  • 担当科目:解剖学概論、解剖学実習など

正村先生

林 典雄(リハビリテーション学部理学療法学科教授)

理学療法士のプロとして活躍してほしいから。

まず、この理学療法士という仕事にプライドを持ち、そして、理学療法の何かの分野で「これだけは負けない」という強さを持ってください。それが、プロの理学療法士として活躍するための唯一の道だと思います。

  • 担当科目:体表解剖学、骨関節障害系理学療法学など

林先生

鵜飼 建志(リハビリテーション学部理学療法学科准教授)

人から選ばれる資質を身につけてほしい。

私の専門であるスポーツ領域ではトップアスリートを対象とする場合があります。そのため、私たちもトップアスリートの努力、技術、知識などに負けないだけの資質を持つ準備が必要です。高い専門的知識、症状を改善できる技術、それらを得るための向上心などを身につけ、選ばれる存在になって下さい。

  • 担当科目:スポーツ障害系理学療法学、運動学II(筋の運動学)、理学療法運動生理学I(筋力トレーニング論)など

鵜飼先生

千鳥 司浩(リハビリテーション学部理学療法学科准教授)

研究を通して、将来の運動療法の発展に貢献したい。

身体運動における意図と結果の関係および身体運動のエラーとの関わりについて、計算論的な立場より調査しています。将来的には、これらのことを脳科学的な手法で証明できるような機器を設置できたらと考えています。

  • 担当科目:神経障害系理学療法評価学、物理療法学、認知運動療法理論など

千鳥先生

卒業生の声

宮ノ脇 翔(斐太高校(岐阜県)出身、2011年卒業)

患者さまの回復とありがとうの言葉が、私のやりがいです。

  • 吉田整形外科病院勤務(愛知県)

歩けなかった患者さまが綺麗に歩いて帰る、肩が上がらなかった患者様が上がるようになる、それに付随するように「ありがとう」という言葉がついてくる。そうした自分の手が生んだ変化に、やりがいを感じます。将来は職場の上司や、中部学院の林典雄教授のようなトップクラスの肩と肩を並べられるようになりたいです。

宮ノ脇 翔(卒業生)

宮平 愛利(輪島高校(石川県)出身、2012年卒業)

“出来ることが増える”その喜びを患者さまと一緒に分かち合える。

  • JA岐阜厚生連 東濃厚生病院(岐阜県)

これまでの多くの患者さまとの出会いの中で最もやりがいを感じるのは、患者さまの身体が動くようになった時の笑顔や「ありがとう」という言葉を聞き、その喜びを一緒に分かち合えたとき。人の笑顔を引き出せる仕事はとてもやりがいがあり、本当にこの仕事を選んで良かったと思っています。

太田利亨(卒業生)

ページの先頭へ戻る