中部学院について

教員紹介(福田 正)

氏名 福田 正 (ふくた ただし)
職名 理学療法学科 准教授
研究テーマ ・老年期に於けるパフォーマンスに関する研究(方法論的研究)
・リハビリテーション教育に関するカリキュラム開発に関する研究
自己紹介 わたしは、中学生のころから陸上競技をしていましたが、0.1秒という記録の壁を破るためのトレーニング法に関心を持っていました。そこでは、筋力トレーニングやインターバル・レペテーショントレーニングなど様々な方法を実践してみました。大学では、実践より運動生理学という面から、トレーニング法の効果の検証に関心を持って勉強しました。しかし、仕事として行ってきたことは、リハビリテーションの現場で骨折による手術や病気などの後、筋力強化や体力維持などの廃用症候群に対するトレーニングに力を注いできたような気がします。しかし、今、理学療法士であることに誇りを持ち、若い学生に学んだ知識や培った技術を伝承していきたいと考えています。
経歴 中京大学体育学部健康教育学科卒、中部リハビリテーション専門学校卒、体育学士・理学療法士取得後、岐阜市民病院リハビリテーション科、岩砂病院リハビリテーション科を経て、現在に至る。
メッセージ 「異端蒙絶」「継続は力なり」という言葉が好きでよく使います。~時代が変われば価値観も変わります。しかし、真理はひとつ、自分の進むべき道をしっかり見据えて進む~ ということでしょうか。
備考 教員業績外部リンク

ページの先頭へ戻る